オンラインによる個別懇談を行っています

新型コロナウィルス感染症対策として、個別懇談をオンライン(Meet)で行っています。初日は少しトラブルもありましたが、事前に接続テストしていたため、概ねスムーズに接続して懇談ができました。事前お渡ししている資料を基に、ポイントを絞った懇談ができました。8月末の急な変更にもかかわらず保護者の方にご協力をいただき感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

【初めての現場実習を終えて報告会をしました。】

A高2年生は初めての現場実習を終えて、学年で報告会を行いました。事前に、各自のタブレットに頑張ったことや感想を入力したり、現場実習での様子を撮った写真を選んで貼り付けたりしてプレゼンテーションの準備しました。

実習前の壮行会よりも大きな声で、自信を持って発表できました。また、友達の発表を聞く姿勢もよく、成長を感じた報告会でした。

 

 

 

 

 

【A高等部太鼓の練習を開始しました】

芸術参観日に向け、西備ぶちあわせ太鼓の練習を開始しました。竹、すえ太鼓、やぐら太鼓と、太鼓ごとに打ち方、音の出し方など異なり、現在、全員がそれぞれの太鼓の練習をしています。これから自分に合った担当の楽器を決め、芸術参観日に向けてみんなの息が合うよう練習していきます。

 

【A高2年初めての校外での実習頑張ります!】

2年生が初めて校外で行う現場実習に臨みます。それに先立って壮行会をしました。壮行会では、昨年度の校内実習とは違い、それぞれの実習場所に一人で行くので緊張気味でした。iPadを使って仕事の内容や目標を整理できていたので、友達の前でiPadを操作しながら落ち着いて発表することができました。先生方からは「挨拶、返事、報告」をきちんと行うことや実習をやり遂げるためには生活リズムを整えることが大切だという話がありました。しっかりと実習をやり遂げて成長してほしいと願っています。

【7/1より腐葉土の販売を開始します(A高園芸班)】

緊急事態宣言を受けて、腐葉土の販売を中止していましたが、7月1日(木)10:30から美星町のお食事処「星の郷」で販売を行います。この腐葉土は自然豊かな西備の丘で2年の歳月をかけてできあがったものです。1袋2kg100円で、購入はお一人様3袋まででお願いします。【限定40袋】次の販売日は7月15日(木)を予定しています。

 

【笠岡商業高校とオンラインで交流しました】

本校AB部門高等部と笠岡商業高校との交流学習は、オンラインを使って行いました。事前に生徒会役員が会の流れやクイズのやり方を打ち合わせていたので、スムーズ交流することができました。本校からは学校の行事や作業学習班、給食のメニューについて、また、笠岡商業高校からは部活動や生徒の男女比、校訓について〇×クイズにして出し合ったので、短い時間でしたがお互いを知ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【オンラインで交流学習事前打ち合わせをしました】

今年度の笠岡商業高校との交流学習は、新型コロナウィルス感染症予防のためオンラインで行います。そのため、打ち合わせもお互いの代表がオンラインで行いました。最初は、初対面であること、外部の人とオンラインで話し合いをするのが初めてであることもあり、互いに緊張していましたが、話し合いが進むにつれてだんだんと慣れてきて、〇×ゲームの内容やカードのデザインを話し合う場面では、積極的に意見交換ができました。打ち合わせの後、お互いの学校のことや趣味について語り合うなどオンラインでもしっかり交流できる自信がつきました。交流学習本番では、今日のメンバーが中心になってリードしながら、お互いが理解し合い、親交を深めたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【運動発表会(A高)】

5月21日(金)、A高が体育で運動発表を行いました。
種目は1人で行うリレーとペア―で行うリレーと全員で踊る西備ソーランです。リレーは緊張の中、いつもの練習以上に力を込めて競技できました。また、準備・片付けも演技の一部として全員で取り組み、見学中は拍手で応援してムードを盛り上げました。
全員で踊った西備ソーランでは、一人一人事前に考えていた最後の決めポーズを精一杯表現しました。
発表後の振り返りでは「いつも以上に頑張れた」、「(リレーでは)先輩が自分に合わせてくれたのがうれしかった」などの感想があり、運動を通じて達成感や協力の大切さを感じることができました。